みちのくのブログ

スポーツなら東北楽天ゴールデンイーグルス、ベガルタ仙台、仙台89ers

新春特集 石井GMの兼任に思う スポーツ界で「監督業廃止」からのヘッドコーチ業への推進をさせるべき

イーグルスは2021シーズンのコーチングスタッフが発表され、石井GMが1軍の新監督に就任に伴い「GM兼監督」と言う全権型の兼任となり、三木1軍監督が2軍監督に配置転換されたと言う第1報が来た。

 

あくまで石井GMGMでありながら現場の指揮を取る1軍監督に就任する全権型の兼任と言うことでメディアやファンから「前代未聞の人事だ」と早速の反応が各地からあるのが実情だ。

 

この人事でいろんな憶測があるが個人的に思うのは、まず立花社長が熱烈なオファーを2年前からしていたことだ。石井GMがこれを固辞してGMと言う形で落ち着いていたが、よほど1、2年の戦いでこれではまずいと感じたか?または他の人がいないのか?または三木谷オーナーの鶴の一声説まで上がるほどのオファー劇だった。

 

どうやら立花社長は思った以上で想像通り?の「監督利権者」であることがこの会見から分かるだろう。たしかに立花社長にとって監督=名誉職に見える。

 

最近はその考えが古くなりむしろラグビーやバスケはヘットコーチとしてチーム強化が上手くいく傾向があり、野球やサッカー界は「学閥や派閥、メディア絡みなど」の悪い意味で弊害になりつつある。

 

ラグビーW杯で史上初のベスト8やバスケのW杯アジア予選を1位通過して本大会に出場するなど躍進をしている要因に「監督ではなくヘットコーチに分業している点」で面白いと思ったからだ。

 

しかし、勘違いして欲しくないのは石井GMはあくまでGM業が先に来るポジションであることには変わりない点である。ここで注目なのは育成総合コーチだった真喜志コーチが再びヘッドコーチに昇格した点である。

 

一般的な世間だと

 

石井GM兼監督

真喜志ヘッドコーチ

 

ただ、個人的な解釈だと

 

石井GM兼ヘッドコーチ

真喜志アシスタントコーチ

 

この方が正確だし、監督業と言う悪い意味での名誉職がなくなり、本当に指導力があるかどうかが分かるからだ。石井GMにはNPBに監督業をなくして欲しいと言う野望を野球ファンに見せるくらいのインパクトを今年に残して欲しいところだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新春特集 ベガルタ仙台の佐々木新社長 選手の不祥事は行政と在仙メディアとのズブズブな関係 市民クラブの復権で立て直すのは可能か?

ベガルタ仙台の新社長にベガルタ仙台・市民後援会 の佐々木知廣事務局長が就任したことは周知していた。実は直前にスポニチアネックスがアイリスオーヤマの阿部氏新社長就任報道を出していた。

 

では何故この報道が最終的に違っていたか?ツイッターの情報だと「政治的結果もしれない」「アイリスオーヤマで再建が見てみたい」とさまざまな反応があった。

 

個人的には市民オンブズマン体質の体制よりもアイリスオーヤマのようなそれなりの大企業中心の体制の方が変なしらがみなくやれるからだ。

 

正直なところ道渕の不祥事の原因は宮城県仙台市と在仙メディアを中心とした情報隠しをしていたと思われる。1ヶ月報告が遅れると言う報道をしていたが、Jリーグの村井チェアマンに報告はしていたようだ。

 

そうならば在仙メディアがすぐに報道すべきだったし、道渕のことは週刊誌でフロントと事実関係で規約違反がありのちに契約解除を見ると宮城の行政とメディアが「ズブズブな関係」だったことが確定したようなものだ。検察長官と朝日新聞による賭け麻雀と同じだろうしそんなものだ。

 

本当ならアイリスオーヤマを中心とした経営首脳陣なら宮城の行政と在仙メディアを取締役から排除出来るが現時点では不可能なのが確実。事務局長出身の佐々木新社長がいきなり組織改革を出来るはずがない可能性が高い。

 

とりあえず赤字や債務超過などの経営の立て直しを3年がかりでやるので、まずは2年でJ2に降格せずにいられるかが大事になる。だが、どうせなら「2022年はJ2」の危機感のある経営計画も同時進行するだけの思考があるかも注目点になりそうだ。

 

 

ご挨拶 あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。今年も独自の視点ではありますが他の情報を参考にしながらツイッターやブログをやっていきたいと思いますので今年もよろしくお願いします。

 

昨年は新型コロナウィルスのパンデミックにより東京五輪の中止を皮切りにスポーツイベントも中止になると言う前代未聞のシーズンとなった。

 

現在も11月から震源地である中国や韓国、ベトナムやタイなどの東南アジアを中心とした11カ国によるビジネス目的による入国制限を2週間の待機やPCR検査無しで許可させたことや日本医師会の会長がエビデンスはないがGOTOキャンペーンが原因と訳わからない言い訳などが重なり裏目となり現在の感染増加に繋がったと思われる。さらに12月下旬になりイギリス・アフリカを中心とした変異株による感染拡大の懸念が心配されている。

 

そんな中、スポーツイベントは野球やサッカーを中心に予定通りなんとか完走する事が出来き、少なからず成果を残したが経営面での打撃が大きく収容人数を以前の100%に戻すには確実なエビデンス(根拠)による収束が必要だが、現実問題としてしばらくは無さそうだと想定した経営と運用の提示が大事になりそうだ。

 

今のところ観戦による観戦はほとんど無さそうだからその中でどのように適切な対応と対策が出来るかで今後の国内・国際大会などの大規模なスポーツイベントに大きな影響を与えそうな1年となると見たほうがいい。

 

 

 

 

ご挨拶 今年もありがとうございました

今年は新型コロナウィルス(COVID-19)によるパンデミック(世界的大流行)で多数の感染者と死者を出し、東京五輪の中止、緊急事態宣言、第2波、第3波、そしてここに来てイギリスやアフリカ大陸からの変異ウィルスによる感染拡大が懸念される中、一個人として今年も完走出来たことは何よりの幸せであり、家族や仕事などの周りの人にも支えられていると言う実感が持てた1年となりました。

 

今年の漢字1字を表すと情報の「情」だろう。

 

一般的には情熱や温情、人情など人に使われることが多いが、今年はTVで新型コロナ関連の報道やSNSを中心とした情報が飛び交う1年だったと思われる。

 

自身もツイッターでツイートしたらこれと思った情報にはリツイートするなど対面ではないもののTVよりも確実に情報をキャッチ出来るインターネットの方がより正確だと確信したと感じた。

 

情報に振り回されることもあるだろうし、「これは違うだろう」や「それは分かる」など共感出来るところがインターネットの良さでもあるしSNSの良さでもあるだろう。

 

これからも加速するだろうし、一個人としてツイッターやブログで誠意を持ってやっていくよう努力するので来年以降もよろしくお願いします。

ベガルタ仙台がJ1で初めて本拠地未勝利で仮降格になる 丹治強化本部長は爪痕を残しての退任

ベガルタ仙台 17位 勝ち点28 6勝18敗10引き分け

 

新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的パンデミックにより全世界でサッカーのリーグ戦の中止や延期が相次ぎだ今年であったが、7月から再開したリーグ戦も各クラブで感染や観客の制限があり赤字や債務超過が出るも最後まで開催ができ、ひとまずの区切りを迎えることができたことが収穫だろう。

 

そんな中、ベガルタ仙台が成績不振、債務超過や選手の不祥事による社長の交代もありチームはJ1で初めて本拠地未勝利で今年を終えると言う逆の意味でのトリプルスリーを達成した。

 

上位チームには特にホームで逆転負けが目立ち17戦未勝利で終えてしまった。下位チームを中心にアウエーで6勝するほどなので力はあるが、ホームだと得点力不足で負の連鎖を脱出することが出来ず来年へ持ち越しとなった。

 

2017年に長崎から復帰した丹治強化本部長が退任となった。最終的には2014年同様に成績不振の責任を感じたと思っての退任は残念だが、前任の強化部長が酷すぎるもあった。仙台の中ではトップクラスのフロントマンであることは間違いないから他のクラブからのオファーがありそうなので仙台に恩返しの勝利をしてもらいたい。

 

過去には経営幹部に手倉森氏を残留させたり、ここ数年で適材適所に獲得してきた選手たちを即戦力として機能していることは間違いない。限られた資金力でチームに種子を撒いたことを置き見上げに確かな爪痕を残しての退任となるので本当に感謝しかない。

 

そんな中、今年は2年連続で丹治強化本部長以外でのMVPとなったのはFWの長沢だろう。サポーター投票はGKのスウォビクだが、ユース上がりの小畑や失点数の多さを考えると9ゴールをあげた長沢になるからだ。

 

チームが勝てない責任を人一倍感じた長沢がハットトリックで19試合ぶりの勝利を挙げたアウエーでのガンバ大阪は苦手で下手だった頭で決めるなどクロスから得点するなどフィットし始めてたきっかけになったと思われる。ワンタッチで流し込むだけでなく高さで決められるようになったからチーム状態次第では15ゴール以上は狙えるところまで来ただろう。

 

ところが、ここに来て資金難の影響か大分への移籍が濃厚なのが残念なところで、年齢は32歳で推定年俸は4000万なので仙台にとっては8000万の価値だから流出は避けられない情勢なので移籍金をどのくらいもらえるか?

 

来年は仕切り直しの東京五輪を挟んでのシーズンになるのでまた違った意味での過密日程が予想され、J1も20チームまで増加し4チームがJ2に降格する過酷な年になるだろう。若手の若返りも含めた全員サッカーで立て直しを図るだろう。

 

選手の補強も進みそうだが、ヘットコーチの人事も混沌とし始めており、後任にはJ2長崎で手倉森誠元HCの再就任を1本化しているようでまさかの展開。

 

佐々木新社長が強化費を維持しながら債務超過を2年で目処を立ち3年目で解消を目指すようだが容易ではないだろう。

 

経営の立て直しが急務だが今年は17位で仮降格したので、どうせなら2022年はJ2で戦うまでの見通しをあえて立ててもいいかもしれない。今までの見通しの甘さを防ぐにもそれくらい危機感のある経営計画を立てないと今度こそ再生不可能の可能性もあるだろう。今後の動向に注目になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに最下位脱出に王手の16位浮上 アウエーで4連勝のベガルタ仙台

12月16日時点の成績

 

15位 横浜FC 勝ち点30 得点35-失点59-マイナス24

16位 仙台 勝ち点27 得点36-失点61-マイナス25

17位 湘南 勝ち点25 得点28-失点48-マイナス20

18位 清水 勝ち点25 得点46-失点68-マイナス22

 

清水エスパルス2-3ベガルタ仙台

湘南ベルマーレ1-2大分トリニータ

横浜FC0-2ガンバ大阪(2位以上確定で天皇杯出場)

 

蜂須賀、松下、浜崎の3得点で清水との直接対決を制し、一気に16位浮上したベガルタ仙台横浜FCと湘南が敗れたので、仙台が最終節で湘南に待望の本拠地で初勝利を挙げたら16位以上が決まり仮残留し、さらに横浜FCが敗れると15位浮上まで可能性を残した。引き分けや負けなら16位以下が確定するが、ここまで来たら失うものはない流れだろう。

 

ガンバ大阪横浜FCに勝利したため2位以上が確定したアジアチャンピオンズリーグの出場権を獲得し天皇杯の出場権も手にした。J2は徳島と福岡がそれぞれ勝利し、長崎が引き分けに終わったため2チーム同時にJ1昇格が決まった。

 

アジアチャンピオンズリーグで唯一準決勝まで残った神戸はケガで離脱のイニエスタ抜きで臨んだが、準決勝で延長戦の末敗れた。1-0からユース上がりの佐々木が決めて追加点を奪えたと思われたがVARで直前のプレーで足を引っ掛けたと判定されノーゴール。

 

さらに水原の同点ゴールがオフサイドと思われたが覆り同点にされた挙句、相手のパスミスから佐々木が決定機で倒されるも何故か?ノーファールと判定されるなど審判やVARなどに流れを変えられてしまい敗退になったのは残念すぎる結果になり4年連続の日本勢の決勝進出はお預けになった。

 

残すところJリーグの全カテゴリーは最終節を無事迎えたことだろう。開幕すら7月になり全クラブが赤字や債務超過など経営危機を来年以降も迎えそうだが、最後のもう一踏ん張りに差し掛かった。

 

 

 

アウエーで3連勝のベガルタ仙台が残り2試合で最下位脱出に可能性

12月12日時点の成績

 

15位 横浜FC 勝ち点30 得点35-失点57-マイナス22

16位 湘南 勝ち点25 得点27-失点46-マイナス19

17位 清水 勝ち点25 得点44-失点65-マイナス21

18位 仙台 勝ち点24 得点33-失点59-マイナス26

 

Jリーグも残り2試合となり、J1は川崎フロンターレが歴史的な形で優勝。J2は三つ巴の末に徳島と福岡、長崎が昇格。J3は秋田が無敗で優勝を決めるなど歴史的な年となっている。

 

逆に仙台がホーム16試合で0勝10敗6引き分けとJ1昇格後初めてホーム未勝利でシーズンを終えてしまう可能性を残すなど歴史的な不振である。

 

ここで面白いのがアウエーでは5勝8敗3引き分けけで、11位の大分以下のチームとの成績を見ると4勝0敗2引き分けと中位争いを出来るだけのチームだと言うことを示している点だろう。

 

残り2試合の相手がその清水と湘南になるだけにここで2連勝すれば最下位の18位を脱出でき、なおかつ15位まで浮上する可能性が出てくる。