みちのくのブログ

スポーツなら東北楽天ゴールデンイーグルス、ベガルタ仙台、仙台89ers

ドラフト会議は補強する場ではなくプロとして活躍できるかどうかを見極める場

いよいよ、ドラフト会議が10月25日に東京で開催されるが、各球団ともどの選手を指名していくか大図目のところであるだろう。

 

ただ、ドラフト会議の話題になると「補強ポイント」と言う扱いでチームの弱点を補うと言うニュアンスが強いのが気になる。

 

たしかに、それはそれでいいが、個人的には「プロで活躍できるかどうか?」が一番大事でドラフト会議は補強ポイントの場ではないと思うからだ。

 

パリーグのリーグ優勝に貢献したライオンズの渡辺SD(来年からGM)が「ドラフトは補強ではないがそういう要素もあるだろう」と話していたことに気になっていた。

 

渡辺SDはドラフトを「補強ポイントの場ではない指名」をここ数年したおかげで、源田、多和田、山川、外崎、今井などネームバリューにとらわれないドラフト戦略をしたことがリーグ優勝できた要因だと考えられる。

 

渡辺SDは「山川は最初から即戦力で取ったわけでは無かった。北東北大学リーグでのんびり屋さんで育ったため厳しさが足りなかった。門限を破ったりして厳しく注意した。」と言うエピソードがあったらしい。

 

要するに即戦力では無いがファームで試合を経験させて2-3年で戦力になれると見込んでの指名だったと考えられる。

 

大事なのは2-3年後、4-5年後にその選手が1軍の主力として戦力になっているかどうかが大事で「プロは1年が勝負」とは言え先を見据えた指名をしなければどこかでしわ寄せが来るのが目に見えると言うことだ。

 

個人的には高校生と大学生は「新卒」なためファームからスタートさせて体力作りやフォーム作りをしながら試合で経験させてから1軍に上げさせるべきで少なくとも気温が低い春先の4月5月からの即戦力での起用は基本的には避けるべきだろう。

 

逆に社会人と独立リーグはなるべく春先から使ってあげるべきで彼らは体がもうすでに出来ており、いつでも試合に出るつもりで指名を待ち続けているので見込みがあれば早く即戦力として起用してあげるべきである。

 

だからドラフトを2つに分けるとしたら高校生と大学生は「新卒ドラフト」で社会人と独立リーグなどは「補強ドラフト」として分けてした方がはっきりとした育成と補強が出来ようになればいいのではないかと最近思い始めたのであった。

 

また、ドラフト1位の指名順位の優先順位をBクラスの6球団から先に指名して、終わったらAクラスの6球団が指名するなどの工夫があっていい気がするし上位チームの戦力はある程度整っているからである。またFAで獲得した選手の球団からドラフト指名権を1つあげるなどの譲渡権を与えてもいいだろう。

 

今年は、高校生では投手は金足農の吉田、野手では大阪桐蔭の根尾、藤原、大学は梅津、上茶谷、甲斐野の東洋大トリオ、野手では頓宮と辰己、社会人では生天目と笹川などが挙げられている。

 

だが、今年はより戦略性や駆け引きが重要らしいので各球団がどんな指名するか楽しみだし興味深いのである。

 

1年1回の大イベントがもうすぐ始まる。

 

1位チームのアドバンテージの無意味さを感じたクライマックスシリーズ

パリーグ

1stステージ 福岡ソフトバンクホークス2-1北海道日本ハムファイターズ

ファイナルステージ 埼玉西武ライオンズ2-4福岡ソフトバンクホークス

 

セリーグ

 

1stステージ 東京ヤクルトスワローズ2-0読売ジャイアンツ

ファイナルステージ 広島東洋カープ4-0読売ジャイアンツ

 

@1位チームにアドバンテージ1勝を含む

 

今年のクライマックスシリーズはホークスがビジターでライオンズに4勝し2年連続、カープが2年ぶりに日本シリーズを決めてた。

 

パリーグはホークスが初戦でデスパイネ満塁本塁打など初回から5得点をあげて快勝。第2戦は太田と近藤のタイムリーで逆王手をかけた。第3戦は4回にデスパイネと松田の2発で2点勝ち越し、6回に1点差とされたが再びデスパイネと中村の2発で逆転、東浜の後を石川や森らで逃げ切り、ファイターズを2勝1敗で通過しファイナルステージ進出を決めた。

 

ライオンズとは初戦で菊地を攻略するなど10得点。第2戦は3回までに7-5という打ち合いからライオンズが追加点をあげてライオンズが初勝利。第3戦は榎田から3回に4得点しリリーフ陣も打ち込み15得点の快勝し2勝2敗に。第4戦は柳田にCS初本塁打など4点先制し、2点差の接戦で迎えた7回にデスパイネと内川のタイムリーの追加点を取り王手をかけた。そして第5戦。初回に無死満塁から柳田が走者一掃のタイムリーで3点先制。5回に森のタイムリーで1点差された直後の6回に柳田が追加点の1発。8回に上林の2点タイムリーをあげて追加点8回、9回に1点差にされるも最後は守護神の森が逃げ切りホークスが球団初の下克上での日本シリーズを決めた。

 

セリーグはファーストステージで初戦は今村が5回途中まで1失点に抑えて2アウトから上原を投入して山田を三振にして流れを掴んだ。陽岱鋼のエンドランが決まり追加点をあげて初戦をものにした。第2戦は最終戦から中4日で菅野が先発し1四球のみで準完全試合ノーヒットノーランジャイアンツが2連勝しファイナルステージに進出した。

 

ファイナルステージは初戦で大瀬良が6回1失点、打線も鈴木誠メルセデスから2ランと會澤のタイムリーで3点先制、7回に丸の本塁打などで追加点をあげ3年連続で初戦をものにした。第2戦は田口とジョンソンの投手戦となりマギーのタイムリーでジャイアンツが先制も8回に今年で引退する新井のタイムリーで同点、菊池の3ランが勝ち越し打となり3勝目ではやくも王手をかけた。第3戦はリーグ優勝を決めた試合で好投した九里がこの日も好投。打線も丸がこのシリーズ2本目の本塁打など5得点。リリーフ陣も岡田、一岡、ジャクソン、フランソアでつないで逃げ切り2年ぶりの日本シリーズを決めた。

 

今年の日本シリーズの組み合わせはカープvsホークスの西日本シリーズになったがこの組み合わせが初めてだったのは意外だった。もし、ライオンズだったら第8戦まで戦った1987年以来であったが今回は実現しなかった。

 

2004年にパリーグが導入したプレーオフ制度が始まって14年目となるが下克上したのがセリーグでは2014年のタイガース、パリーグでは2004年のライオンズと2005年のマリーンズがホークスを破り逆転でリーグ優勝となりそのまま日本一になった。CSになってから2010年のマリーンズがライオンズとホークスに勝ってそのままドラゴンズにも勝利し日本一になったことから各方面から2位と3位が勝つと「下克上」と呼ばれるようになった。

 

今思えば、このCSになったのはレギュラーシーズン1位ながら2004年と2005年、2006年は3位でプレーオフに行ったがライオンズとマリーンズには2勝3敗でホークスはリーグ優勝を逃した。

 

当時のホークスの王HC(いわゆる監督)が「リーグ1位なのになんでリーグ優勝にしないんだ」と言ったのをきっかけに2006年から初めてアドバンテージ1勝が付いた年になった。だが初優勝したファイターズに2連敗し0勝3敗で敗退した。その後も2007年に敵地でマリーンズに1勝2敗で敗戦。秋山新HCで挑んだ2009年に初めてAクラスになった岩隈と田中率いるイーグルス2連敗、2010年にマリーンズに3勝1敗としながら打線と成瀬のフル回転の前に3連敗し逆転で敗退した経緯があった。

 

メジャーリーグとは違い地区制度ではないのである外国人選手が「メジャーとは違うのでやはりCSはやめてリーグ優勝したチーム同士での日本シリーズにすべき」と言う記事が昨年あった。

 

元々はパリーグが赤字だらけの経営や大阪近鉄の合併問題がありストライキした年の2004年を境にメジャーリーグを手本としたプレーオフ制度を導入した。セリーグは2004年と2005年にプレーオフが無かったためドラゴンズがライオンズに敗戦。タイガースがマリーンズに「伝説の33-4」でのスイープをされた経緯から2006年からセリーグも導入した。

 

プレーオフ制度を導入して14年目だがそろそろ見直しの時期に来てると感じたのが今年である。アドバンテージを生かしたカープと活かしきれなかったライオンズを見ると1stステージの3連戦とファイナルステージの

 

6連戦の形式を少なくとも変えてもいいと思い始めた。

 

ライオンズの橋上ACが「最初の打席が大事になる。ただ、難しいのがホームではやれるけど6連戦なので上手くいかないとそのまま持ってかれる可能性があるからアドバンテージは有り難いけど逆に難しいかな」と話していただけに1位チームの難しさを痛感しただろう。

 

例えば、3位チームの出場を廃止にして、レギュラーシーズン優勝のタイトルを追加で設立し、1位vs2位との対戦をリーグ優勝決定シリーズとし7戦で4勝したチームがリーグ優勝チームとして日本シリーズに進出すると言うやり方がベターではある。

 

ただ個人的には3位チームの廃止案が現時点ではないため現在のフォーマットを少しアレンジした形にするとこうなる

 

・レギュラーシーズンをリーグ優勝ではなく「シーズン優勝」を新たなタイトルとして新設し、2位と3位がプレーオフシリーズへ、1位チームがリーグ優勝決定シリーズに進出する方式に変更する。

プレーオフステージ(新設)はアドバンテージを2位チームにも1勝つけて4戦3勝にする。そのかわり3位チームにも本拠地で開催する権利を与えるようにする。

・リーグ優勝決定シリーズ(新設)はプレーオフシリーズの勝ち上がりチームの本拠地で1試合開催する。そこから残り5試合は1チームの本拠地で開催する。

 

以上のような3位チームである場合の仮設定をするとこうなる

 

プレーオフシリーズ第1戦 ビジター

中1日

プレーオフシリーズ第2戦 ホーム

プレーオフシリーズ第3戦 ホーム

中1日

プレーオフシリーズ第4戦 ビジター

中1日

リーグ優勝決定シリーズ第1戦 ホーム

中1日

リーグ優勝決定シリーズ第2戦 ビジター

リーグ優勝決定シリーズ第3戦 ビジター

リーグ優勝決定シリーズ第4戦 ビジター

中1日

リーグ優勝決定シリーズ第5戦 ビジター

リーグ優勝決定シリーズ第6戦 ビジター

 

こうすると2位と3位チームも1試合以上は必ずホームでやれるため収入が入る。また勝ち上がりの場合も3位チームだと合わせて3試合になりリーグ優勝決定シリーズの第1戦に勝利するとレギュラーシーズン優勝チームが第4戦までの3試合することが濃厚のため1位チームだけが収入を得ると言う矛盾が解消される。

 

2位チームもプレーオフシリーズ第3戦で決着だと1試合だがそれでも2試合は出来るので1位チームと1試合の差しかないため1位チームの方が収入を得ると言う仕組みもできると言うことだ。

 

あくまで仮設定だが3位チームが参加する場合は1位と2位とにもアドバンテージを付けてあげるかわりにホームでの開催権をあげるなどの工夫をしないと上位チームだけ収入が入ると言う矛盾をなくすことだろう。

 

また、3連戦や6連戦ではなくメジャーリーグポストシーズン形式を手本にして間に中1日を置くとこで上位チームに考える時間と休息を与えることで流れを持っていかれないような日程の組み合わせをしてあげれば少しは無意味さをなくすことができると考えられるだろう。

 

CS導入して観客動員の稼働率はほとんどの年で90%ごえのようなのでファンの関心はあるから制度を少しずつ改善していけば廃止になることは無いと考えてもいいだろう。

 

試合前のイベントから妨害するお調子者の浦和レッズに苦しむも引き分け

J1第30節 ベガルタ仙台1-1浦和レッズ

 

ツイッターで試合前のイベントとして仙台のとある高校のブラスバンド(吹奏楽部)の演奏の最中に浦和レッズの応援が入って「これは妨害でしょう」と仙台のサポーターが抗議に行ったらしい。

 

「ジャパニーズオンリー」といい「イニエスタ目的のお客を追放したり」今回の件も含めてお調子者どころか最悪Jリーグから勝ち点没収のペナルティーを受けるべきで、どんなスポーツの試合前のイベントは最初で最後の舞台になる可能性があるだけに最低限のマナーは守らなくてはいけない。

 

試合は浦和ペースで進み、U19代表の橋岡が頭で合わせ先制。その後セットプレーから板倉が守備ができない柏木のニアサイドをつき頭で決めて同点に。後半は仙台が立て直し攻めるも決めきれず引き分けになった。

 

首位争いをしている川崎がアウエーで4冠を狙っている鹿島と0-0の引き分け。広島はホームで柏に0-3でまさかの敗戦。C大阪G大阪に0-1、札幌は横浜FMに1-2、神戸が長崎と1-1の引き分け、FC東京が名古屋に2-1で久々の勝利で鹿島と同じ勝ち点になった。

 

3位鹿島とFC東京との差は4なだけに日本代表戦の中断明け2試合であるアウエーで広島と札幌には基本的には2連勝が条件になるだろう。

3位争いのライバルは鹿島アントラーズ

J1第29節 横浜Fマリノス5-2ベガルタ仙台

 

アウエーで横浜と対戦した仙台は5失点で大敗し、2連敗で7位まで下げてしまった。

 

日本代表まで選ばれてきたシュミッドダニエルが長崎戦からミスによる失点が目立ち始めている。代表に選ばれたエアポケットか焦りかのどちらかでリーグ戦の残り試合は正念場となりそうだ。

 

3位争いのライバルは鹿島アントラーズになりそうだ。首位の広島に負けて以降はACLで準決勝進出しリーグ戦も3位まで浮上、さらにルヴァン杯も残ってるとなると奇跡の3冠達成に向けて勢いがついてきたようだ。

 

「勝って毎年タイトルを取らないと意味がない」と以前小笠原が言ってるように他のクラブと違って勝っても反省ができるところはさすがであるが、安倍や鈴木優の若手の台頭もこのクラブの特徴だ。

 

ジーコ新SDが加わり、チーム全体の引き締め役が早くも効果を表し悲願のアジアタイトルが現実を帯びてきそうだ。それだけに、仙台はホーム最終戦の直接対決までに勝ち点差をひっくり返せるまでの位置まで食らいついていきたい。

長崎にボゼッション対策をされ完封で敗戦

J1第28節 Vファーレン長崎1-0ベガルタ仙台

 

最下位の長崎相手に先制さえすればこっちのペースかと思われたが、3月の試合同様、ポゼッション対策をされて後半にGKシュミッドダニエルのパンチングミスから失点し完封負けをした。

 

ボール保持率では65パーセントvs35パーセントだったが、長崎が中央を固めてベガルタのパスコースを封じて攻めさせない守備が効いたようだ。

 

日本代表もそうだったように決勝トーナメント1回戦でカウンター型のベルギーにカウンターされて敗戦したようにポゼッションパスサッカーの弱点を突かれての敗戦だったから今回のケースも同様だっただろう。

 

ボールを持てば主導権を握れるがペナルティエリア内まで攻撃しないと相手は準備して守備が出来るので守られてスピードのあるFWにカウンターされてしまう。

 

首位争いをしている川崎が未消化分の湘南戦は小林がPK失敗やGKのセーブにあい0-0の引き分けで首位広島との差を3にしてリーグ2連覇へ射程圏内に入ってきた。

 

3位争いはFC東京が勝ち点42で3位だが、ここに来て鹿島が41で4位まで浮上して来た。

 

7月にジーコ氏がシニアディレクターに就任してからACLの準々決勝で天津に2連勝し準決勝進出や天皇杯では首位広島に2-0で完勝するなど調子を上げて来たからベガルタにとっては1番のライバルになりそうだ。

 

 

3バック陣が快速FWを封じシュート0で完封し4位まで浮上

J1第25節 ベガルタ仙台1-0FC東京

 

3試合で無得点な上に4試合勝ちなしが続いているFC東京相手に押し込まれる展開が多く前半シュート0ながら0-0で折り返した。

 

後半、野津田が右サイドの阿部に渡る。阿部が石原のパスをしようとしたが相手のクリアがそのままオウンゴールとなり先制する。

 

石原がセンターバックを後ろに下げさせてフェイクをした後、ニアサイドに飛び込もうとしたようだから石原を警戒していた分、足が出てしまっただろう。結果的に石原自身が誘ったオウンゴールだった。

 

どうやら先制するまでシュート0という珍しい展開だったが最終的には7本打ったようだから耐え凌げば流れが変わるということだろう。

 

この試合の勝因は板倉、大岩、平岡の3バック陣がFC東京の2トップを封じ込めたことだろう。ゴール前まで攻められるも、最後のところで足を出して守備していたからこの3人の守備力で勝てたもののようだ。

 

板倉が「アジア大会の経験をベガルタで生かしたい」と意気込みがあったのは充実している証拠だろう。10月の代表戦はアジア大会のメンバーが選ばれるようだから可能性が大きい。

 

夜に行われた、3位争いのライバルである札幌が川崎に0-7の大敗、イニエスタ率いる神戸が降格争いのG大阪に1-2で敗戦、さらに首位広島が同じく降格争いしている鳥栖にそれぞれ敗れベガルタの順位が4位まで浮上した。

 

次の代表戦まではあと3試合。アウエーで名古屋の連勝を止めた長崎、同じくアウエーで首脳陣と内輪揉めし始めた横浜Fマリノス、さらにホームでお調子者の浦和になる。

 

今のベガルタなら十分勝てる相手なだけに直接対決がある11月の4試合までに最低でも2勝1分け以上の成績を残せばACL圏内の3位に食い込み可能性が出てくるだろう。

 

 

 

 

柏のハモンロペスが2年ぶりの仙台に復帰させた意味は?

J1第24節 ベガルタ仙台2-1清水エスパルス

 

前半24分にコーナキックから大岩が頭で合わせて先制点を奪う。後半にオウンゴールで同点にされるも、後半のアディショナルにジャーメインの折り返しに石原が頭で押し込みで勝ち越ししてリーグ戦はこれで11勝目。順位は6位まで上がった。

 

筆者が目安にしているAクラスの6位以内やチームの目標にしている5位以内どころか3位のFC東京との勝ち点差が4以内と射程圏内だ。

 

11月の残り4試合の上位対決は広島、札幌、鹿島、神戸との対戦を残しているので10月までに勝ち点差をほぼ無くして直接対決に弾みをつけたいところだ。

 

9月11日に日本vsコスタリカの新生日本代表の初陣の試合の日にまたしてもベガルタの補強が動いた。(6日にチリ戦だったが北海道で地震があったため中止)

 

2年前まで在籍し、柏レイソルに移籍していたFWのハモンロペスが仙台に復帰して獲得した。

 

移籍する前の2016年に10ゴールを上げて柏レイソルに移籍したが、クリスティアーノやディエゴオリベイラらがいたため出場機会に恵まれず、今季は6試合しか出場せず戦力外通告を受けていた。

 

それでも獲得したのはロシアのモスクワに移籍した西村の穴を埋める役割と控えFWの厚さを強化させる狙いがあると見られる。

 

ワントップは基本的には石原、シャドーをジャーメイン、中野、野津田、阿部らで回せているので今のところは終盤での途中出場での得点が求められそうだ。

 

確か、9月14日が登録期限だったから駆け込み補強だったが、的確補強で次々と戦力アップに成功している丹治強化部長が念入りな補強をしたのは目標にしている5位以内ではなく「アジアチャンピオンズリーグが目指せる3位以内(プレーオフ2回戦から)を狙うぞ」と言うメッセージなのかもしれない。